【家全体】片づけはどこから始める?効率よく進めるために“後回しにした方がいい”モノ・場所

【家全体】片づけはどこから始める?効率よく進めるために“後回しにした方がいい”モノ・場所

気になっているところがたくさんあって、家全体を片づけたいとき、どこから始めればいいのか迷ってしまうことがありますよね。

広い範囲を効率よく進めるためには、“後回しにした方がいい”モノ・場所があります。

片づけのプロが理由とともに解説しますね。

※この記事でいう片づけは、物を移動させるだけの片づけではなく、「捨てる」を含む片づけなのでご注意くださいね

Advertisement

片づけを効率よく進めるために“後回しにした方がいい”モノ・場所

下記、5つです。

 家族の部屋

 家族のもの

 紙

 思い出

 ダンボールの中身

これらが片づけをする中で出てきたら、種類ごとに一箇所にまとめておきましょう。

後回しにするべき理由

「自分だけで判断できない」

「見始めると進まなくなりがち」

「判断に時間がかかる」

からです。

片づけのプロでも苦労することが多い、時間と労力がかかるものなので、認識しておいてください。

片づけはどこから始めればいい?

最終的に家全体を片づけたい場合にも、
まずは「自分のモノ」「自分が主として使っている場所」から始めましょう。

自分のモノを整理できていないのに、家族のモノから手をつけていれば
トラブルにも繋がりかねません。

次に、「自分が今一番気になっている場所」に取り掛かりましょう。

それらが終わったら、要不要が判断しやすいもので言えば、靴・玄関がおすすめですよ。

Advertisement

片づけを効率よく進めるコツ

手順としては、

・範囲と期限を決める

・範囲内のすべてのものを出しながら分類する

・分類したものを収納する、移動する

という流れです。
一つずつ説明していきますね。

範囲と期限を決める

まず、片づけるスペースはどこからどこまでにするのかを決めてください。

家全体をやりたい場合にも、ターゲットを決めましょう。

例:キッチン、自分の部屋のクローゼットなど

期限は、できるだけ“今日終わる範囲”で設定するのがおすすめです。

範囲内のすべてのものを出しながら分類する

いる・いらないではなく、3〜4つに分けるとやりやすいです。

参考:分類の例

【1】いる

【2】いらない

【3】他の部屋に置くべきもの、他の人のもの

【4】迷うもの

「【4】迷うもの」を入れることで、判断が早くできるようになります。

できるだけ【1】〜【3】に分類することを心がけた方が良いですが、迷うものは後回しにすればOKです。

分類したものを収納する、移動する

【1】いる

収納します。

よく使うものは、一番取りやすい位置に置くように心がけましょう。

【2】いらない

処分するものは、分別して捨てる準備をします。

【3】他の部屋に置くべきもの、他の人のもの

本来あるべき場所に移動させましょう。

【4】迷うもの

箱などにいれて、見える場所に置いておきましょう。

1週間、1ヶ月など保管期限を決めて、時間をおいて再度確認します。

この作業を、場所ごとに繰り返すだけです。

家全体を片づけることが目的である場合、ひとまず収納方法にはこだわらず、次の場所に進みましょう!

まとめ

家全体の片づけとなると、かなり長い戦いになります。

頑張っているのになかなか進まない…という状況は疲れてしまうので、進めにくいものは飛ばして、できるところから終わらせちゃいましょう。

片づけが進めにくいのは、

「自分だけで判断できない」

「見始めると進まなくなりがち」

「判断に時間がかかる」

もの達です。

 家族の部屋

 家族のもの

 紙

 思い出

 ダンボールの中身

は後回しにしてくださいね。
参考になると幸いです!

この記事を書いた人

CTA-IMAGE MINIMAL+ROOM管理人

アメリカで広く知られている片づけのプロ資格、プロフェッショナルオーガナイザーの日本版「ライフオーガナイザー®︎1級」資格を持つ、片づけのプロ。

「片づけや家事で困っている人の暮らしを少しでも楽にする!」をライフワークとして、本サイトを運営中。

ズボラでめんどくさがり。時短を追求した結果、ミニマル思考になりました。