【キッチンシンクの“キレイを保つ”3つのコツ】1分でできる!掃除を減らす方法

【キッチンシンクの“キレイを保つ”3つのコツ】1分でできる!掃除を減らす方法

キッチンシンクは毎日使う場所。

しかも、油汚れや洗剤汚れで水垢やぬめりが出やすいところですよね。

食器洗いでただでさえ大変なのに、シンク掃除までしたくない!

そんな方におすすめの、
毎日1分でできる「キッチンシンクの“キレイを保つ”3つのコツ」をお伝えしますね。

Advertisement

キッチンシンクの“キレイを保つ”3つのコツ

 物を置かない

 乾燥させる

 シンクは食器と同じだと思う

ポイントはこの3点のみです。

これらのポイントを意識すれば、改めて掃除をしなくても「簡単にキレイな状態を保てる」ようになります。

順番に解説していきますね。

物を置かない

これが一番大事なポイントです!

キッチンシンクには、必要最低限の限られたものだけおきましょう。

筆者宅で置いているのは、以下3つです。

 食器洗い用のスポンジ

吊り戸棚式の水切りラックにS字フックでぶら下げています

参考:水切りラックはこれで決まり!水が溜まらない吊り戸棚式が便利すぎる【掃除ほぼ不要】

 ハンドソープ

蛇口の横に置いています

 食器用洗剤

蛇口の横に置いています

水に濡れやすい、シンク内には何も置かない状態になっています。

必要最低限のものしかないので、水や泡がはねても掃除がしやすいです。

 キッチンになくても困らなかったもの

下記に挙げるのは一般的にキッチンによくあるものですが、我が家では使っていないもの・その理由です。
もしお持ちであれば、手放すことを考えてみませんか?

ほぼ掃除をしなくていい…という状態になるので、とても楽になりますよ!

・三角コーナー

調理で生ゴミが出るときには、小さなビニール袋を仮置きして代用できるため、持っていません。

・水ためボウル

キッチンが元々狭いこと、また、ボウルも掃除が必要になるため使っていません。

・スポンジ入れ

水切りラックに吊るしているので不要でした。

・シンク掃除用のスポンジ

食器用スポンジ、もしくはクッキングペーパーを使うので不要でした。

・排水溝の目隠しカバー

排水溝につける、プラスチックや黒いゴムでできているカバーのことですが、

洗わなければニオイの元になるし、とはいえ都度洗うのも手間がかかるため、
我が家では引っ越したときにすぐ外して、別の場所に保管しています。

また、排水溝が常に見えている状態であれば、排水溝ネットのゴミのたまり具合も一目瞭然。

こまめに交換できるので、より衛生的です。

排水溝のニオイは大丈夫なの!?と思うかもしれませんが、我が家では気になったことないですよ。

 筆者がこれらを使っていない理由

余計な手間を増やすものだからです。

確かに三角コーナーは生ゴミを捨てるときに便利かもしれません。

水ためカゴは食器が多いときに少しつけおきすると洗うのがラクになるかもしれません。

排水溝カバーで目隠しをすれば一見キレイに見えるかもしれません。

でも、全部なくても困るものではないんです!

加えて、これらをシンクに置いておくと

汚れやすいため常に掃除をしなければなりません。

筆者は非常にめんどくさがりなので、「掃除を増やすものはできるだけ減らす」ことを心がけています。

乾燥させる

次に重要なのは、乾燥させることです。

水周りは、水アカ、黒カビ、赤カビ、サビ…

本当に色々な汚れが発生しやすい場所ですよね。

そして、一度ついた汚れは、専門の洗剤などがなければ太刀打ちできません。

食器洗いや手洗いで全体的に蛇口まわりなどが濡れてしまった時は、布やキッチンペーパーで水分を拭き取っておきましょう。

毎回でなくても、気づいたときに行うだけでも効果はあります。

1日のうちに少しでも乾燥する時間を作ることで、水アカ、カビを軽減できますよ。

流しは食器と同じだと思う

これは考え方なのですが、個人的には一番大切かもしれません。

例えていうなら、シンクに誤って
食材を落としてしまっても、洗わずに調理を続けられるような清潔さをキープするということです。

これは意外と簡単で、
食器を洗った後に同じ食器用スポンジでシンクも洗うだけで大丈夫です。

シンクを常にキレイにしていれば、スポンジを分ける必要もありません。

あと、大切なのは排水溝です。

我が家では、排水溝に百均の小さなネットを入れていますが、少しでもごみが出たら捨てるようにしています。

排水溝カバーをしていないので、ゴミが溜まったらとてもよく見えます。

あとは1週間に1回程度、排水溝にキッチンハイターをふりかけるだけ。

これだけで、基本的には排水溝の奥もドロドロにはならないです。

特別な掃除道具を使わず、キレイに保てるので、おすすめの方法ですよ。

Advertisement

まとめ

キッチンシンクのキレイを保つ3つのコツは、

 物を置かない

 乾燥させる

 シンクは食器と同じだと思う

ことです!

シンク掃除に困っている方は、是非試してみてくださいね。

この記事を書いた人

CTA-IMAGE MINIMAL+ROOM管理人

アメリカで広く知られている片づけのプロ資格、プロフェッショナルオーガナイザーの日本版「ライフオーガナイザー®︎1級」資格を持つ、片づけのプロ。

「片づけや家事で困っている人の暮らしを少しでも楽にする!」をライフワークとして、本サイトを運営中。

ズボラでめんどくさがり。時短を追求した結果、ミニマル思考になりました。