【洗濯物の干し方】簡単だけど時短!“洗濯機から一歩も動かない”のススメ

【洗濯物の干し方】簡単だけど時短!“洗濯機から一歩も動かない”のススメ


洗濯って力も使うし、重労働な家事ですよね。

素材別に分けて、洗剤を入れて、洗って、干して、畳んで…
手間がかかる家事の一つだと思います。

本記事では、めんどくさがりな筆者が行っている「洗濯物干しで時短する方法」を解説します。

1. 洗い終わった洗濯物をカゴに入れる
2. 洗濯物を干す場所へ運ぶ
3. カゴから洗濯物を取って干す

普段こんな風に干している人は、是非読んでみてください。

1回1〜2分でも、積み重ねると相当な時短になるのでオススメですよ。

Advertisement

洗濯物干しで時短する方法とは

簡単に言うと、「洗濯機から一歩も動かないこと」です。

何気なく家事をすると、意外と余計な動きをしているんですよね。

この方法を使うと、

 洗濯物をカゴに入れる

 洗濯物を下から取って上に干す、腰の曲げ伸ばし

2つの作業が不要になります。

事前準備

やるべきことは、3点です。

・洗濯機のそばに、物干しハンガーをかけるスペースを作る

・洗濯機のそばに、物干しハンガーの定位置を作る

・(必要に応じて)フックを2〜3個買う

洗濯機のそばに、物干しハンガーをかけるスペースを作る

洗濯機の前に立ったときに手が届く範囲で、物干しハンガーをかけられるスペースを作りましょう。


我が家では、こんな感じ。
洗濯機の前にあるドアに百均で買ったフックをかけ、物干しハンガーをかけています。

洗濯機が脱衣所にある場合は、棚やドアなど、工夫してスペースを作ってみてください。

洗濯機のそばに、物干しハンガーの定位置を作る


我が家では、ドア裏が物干しハンガーの定位置兼、干す場所です。
写真では見づらいですが、物干しハンガーは2つかけてありますよ。

「使い終わったら畳んで、使うときは開いてこの場で干す」

効率的ですし、ドア裏で省スペースなところも気に入っています。

(必要に応じて)フックを2〜3個買う


洗濯機の周りに物干しハンガーをかける場所がないなど、必要があれば購入しましょう。

我が家は狭い家なので、もともとドアやクローゼットで使えるフックが3つあり、そのうちの1つを使いました。

フックはセリアやダイソーで売っているもので問題ありません。
物干しハンガーだけでなく、ハンガーかけにも使えますよ。

Advertisement

干す手順

事前準備が完了したら、洗濯物を干していきましょう。

1:(脱水終了後)洗濯物を洗濯機のフチに置く

脱水まで終わったら、洗濯物を一つずつ洗濯槽から引き上げながら、ざっくり分類します。

・物干しハンガーにかける服
・物干しハンガーにかける小物(靴下・下着)
・普通のハンガーにかける服

我が家の洗濯槽は縦型なので、洗濯機のフタを開けたままフチに積んでいきます。
ななめ型・横型のドラム式の場合は、上部に並べて分類しましょう。

最初に全体量を把握することで、干すときに

「詰めすぎた!」
「重量バランスが悪くなって傾いてしまった!」

という二度手間がなくなりますよ。

2:物干しハンガーを開く

我が家の場合、すでにフックにかけた状態なので開くだけです。

3:洗濯物を干す

先ほど分類した洗濯物をバランスよく干していきましょう。

「洗濯機のフチにかかった洗濯物を持って、目線の高さにある物干しハンガーに干す」

どうですか?
想像してみると、無駄な動きが少なく楽じゃないですか?

上下の動きも少ないので、腰にも負担がかかりづらくなります。

また、物干しハンガーを二つ以上使う場合は、一つ干したら一度畳んで後ろにかけておきます。

このとき、フックが2箇所以上あると一時置きにしたり、普通のハンガーをかけられたり便利です。

4:物干しハンガーを干す場所に移動させる

ベランダなり、室内の物干し場なりに移動させましょう。

服同士は、くっつけすぎず10cm程度空いていると空気が通り乾きやすいですよ。

5:取り込む

洗濯物が乾いたら取り込んで完了です。

使い終わった物干しハンガーは置きっ放しにせず、できるだけ洗濯機に近い定位置に戻しましょう。

いかがでしょうか。
やっていることはあまり変わりませんが、

 洗濯物をカゴに入れる

 洗濯物を下から取って上に干す、腰の曲げ伸ばし

上記2つの作業が不要になりました。
干すときのカゴから洗濯バサミへの移動も減るため、1回の洗濯につき1分以上は時短になるはずです。

週3回洗濯するとしたら、年間2時間14分の新たな時間が生まれます!

洗濯機から一歩も動かずに干す、7つのメリット

洗濯機から一歩も動かずに干すと、様々なメリットがあります。

 時短になる

 洗濯カゴに入れる手間が減る

 干すときの上下運動が減る

床に置いたカゴから洗濯物を取って、高い位置に干す作業です。

 洗濯カゴを置いていたスペースが不要になり広くなる

 節約になる

洗濯カゴが不要になり、物干しハンガーを外に出したままにしないため買い替え頻度が低くなります。

 (外で干していた方の場合)無駄な日焼けをしない

 (外で干していた方の場合)暑さ寒さが気にならない

筆者の場合、「上下運動が減った」「無駄な日焼けをしなくなった」点が、工夫して本当に良かったポイントです!

デメリットは?

 次の洗濯物をすぐに洗いたい場合、一時的に避難させる洗濯カゴがない

筆者は、そこまで急いで洗濯をすることがないのですが…
大急ぎで第二弾を洗いたいときは、コインランドリー用のバッグに入れると思います。

 洗濯機の周りにスペースを作る手間がかかる

最初の準備は場合により大変かもしれませんね。でも、一度やってしまえば楽になります。

デメリットも考えてみましたが、メリットの方が大きいのではないでしょうか。

Advertisement

まとめ


洗濯物干しで時短する方法は、「洗濯機から一歩も動かないこと」です。

何気なくしている「余計な動き」は、徹底的に排除して時短しましょう。

家事は毎日のこと。
小さな時短でも月間、年間で考えたら大きな時間が生まれますよ。

▼洗濯以外の家事動線の見直しはこちら。

▼干す時間を圧倒的に時短するならコインランドリーへ。

この記事を書いた人

CTA-IMAGE MINIMAL+ROOM管理人

アメリカで広く知られている片づけのプロ資格、プロフェッショナルオーガナイザーの日本版「ライフオーガナイザー®︎1級」資格を持つ、片づけのプロ。

「片づけや家事で困っている人の暮らしを少しでも楽にする!」をライフワークとして、本サイトを運営中。

ズボラでめんどくさがり。時短を追求した結果、ミニマル思考になりました。