片づけのプロは、実はめんどくさがり⁉︎片づけ嫌いにこそ知ってほしい、プロの考え方

片づけのプロは、実はめんどくさがり⁉︎片づけ嫌いにこそ知ってほしい、プロの考え方

くつろぐ人
片づけのプロはとにかく片づけが好き!
もともと得意なんでしょ?

そう思っていませんか?

確かに、もともと好きで得意な人もいらっしゃいますが、逆に片付けが苦手だった人やただのめんどくさがり…
という人も実はたくさんいます。

筆者は後者の方です。
もともと片付けが苦手でめんどくさがりな人が、なぜ片づけられるようになり、プロにまでなったのか?
筆者と筆者の周囲のプロの例からお話しします。

Advertisement

片づけに対して、以前思っていたこと

・大変、めんどくさい
・楽しくない、やりたくない
・なぜやらなければいけないのかわからない
・時間の無駄

けっこう辛辣ですが、とにかく大変でやりたくない!めんどくさいという気持ちが大きかったです。

片づけに対して今思うこと、変わったこと

・昔は“片づけ”に追われすぎていた。必要以上に大変なものだと考えていた
・仕組みさえ作れば、片づけは簡単
・片づけ癖がつくと、家族との喧嘩が減ったり、節約できるようになったり、一見関係ない部分にも良い効果があった
・自分の持ち物を全体的に把握し、きちんと使うようになった
・必要最低限のものが何か、明確にわかるようになった

今は、片づけができるように頑張った過去の自分に対して、感謝の気持ちさえあります。
自分が心地よい空間にいることで、イライラが減って、余裕ができて、いいことしかありませんでした。

今は片づけが苦手な人でも大丈夫。
必ず楽になれる時が来るので、ぜひこの気持ちを味わっていただきたいです。

では、なぜそのように変化していったのか順を追って説明していきますね。

Advertisement

なぜ片づけられるようになったのか?

きっかけと原動力、そして、“めんどくさい”から始める片づけの方法についてお話ししますね。
片づけのプロ仲間で話した事例も参考にしています。

きっかけ

チェック 環境の変化で一念発起
引越し、就職・転職・異動、家族が増えた、ペットが増えた、家族が亡くなった、など生活環境がガラッと変化したタイミングという方が多かったです。
環境が変わると、これまでと大きく変わること2つがあります。

それは、持ち物と時間の使い方です。

持ち物や時間の使い方が変わったのに、収納や片づけ方法がこれまでと同じというわけにはいきません。

そんな時に一度家が崩壊して…「こんなんじゃダメだ!なんとかしよう!」と一念発起して、試行錯誤することで片づけられるようになった。
そういった声が多かったです。

生活環境が変わるときは、片づけどころじゃないかもしれません。
でも、ある意味今までの方法を見直して効率化できるチャンス!ということですね。

チェック プロに頼んだ
もう一つ、「自分ではもう無理だ!」と諦めて、プロにお願いしてから変わったという声です。

片づけのプロの中には、そういった方も多くいます。
これまで悩んでいたことが一気に解消され、物が片付く仕組み化をしてもらうことでリバウンドもしないようになる。

お金はかかりますが、世の中には様々な片づけサービスがあります。
自分一人ではなく、プロと作業することで、「こんなやり方もあるのか」「これは便利だ」など片づけに対する意識がぐっと変わると思いますよ。

片づけのプロが思う、片づけの原動力

めんどくさい

この気持ちだと思います!

めんどくさいことが嫌いだからこそ、“めんどくさい作業”を二度と繰り返さない片づけの原動力になるのです。

“めんどくさい”から始める片づけの方法


これはとても簡単で、自分が思う「めんどくさいこと」「不便なこと」を日常生活から1つずつ潰して行くだけです。

難しいルールや手順はありません。

日々の生活で気づいたものから、一つずつ変えて行くのです。

(例)
・いつも使う醤油が取りづらい
→取りやすいところに置く

・置きたくないのに、コートをいつもリビングに脱ぎっぱなしにしてしまう
→リビングに入る前に通る場所、玄関や廊下にフックをかけてそこに掛ける

・おたまやトングなど調理器具が絡まって取りづらい
→いつも使うものとたまに使うものを分けて置く

上記は一例ですが、こんな感じです。
自分のプチストレスに敏感になれば、気づいた時に少しずつ改善することはそう難しいことではないはず。

めんどくさいと思った時、イラっとした時こそ良くするチャンスだと思い出してみてくださいね。

片づけられるようになってからの気持ちの変化

片づけられるようになると、気持ちや考え方はこんな風に変わっていきます。

 ゆとりができる
 家で過ごす時間が好きになる
 集中できる、脱線しないようになる
 人を家に呼べる
 家に帰ってきたとき気持ちがいい

片づけたその先に待っているもの

めんどくさい作業が大幅に減ります!

家の中には、家事・掃除など何もしなくても、毎日やらなければならない“めんどくさいこと”がたくさんありますよね。
でも、日常のプチストレスを一つずつでも潰していって、片づけが楽になる仕組み作りをすることで、負担が減り、自分をもっと甘やかせるようになりますよ。

まとめ

片づけのプロは、実はめんどくさがりな人が多い。
そして、プチストレスに敏感でそれを日々改善することで、楽な片づけの仕組み作りをしている。

今、片づけが嫌いな人や苦手な人でも何も不安に思う必要はありません。

めんどくさいを1つずつ潰せば、1つずつ楽になっていきます。
自分の気持ちに敏感になって、できるところからやってみてくださいね。

あなたの毎日が片づけに追われず、より豊かなものになることを祈っています。

ではでは。

この記事を書いた人

CTA-IMAGE MINIMAL+ROOM管理人

アメリカで広く知られている片づけのプロ資格、プロフェッショナルオーガナイザーの日本版「ライフオーガナイザー®︎1級」資格を持つ、片づけのプロ。

「片づけや家事で困っている人の暮らしを少しでも楽にする!」をライフワークとして、本サイトを運営中。

ズボラでめんどくさがり。時短を追求した結果、ミニマル思考になりました。