誰でも片づけ上手になれる!簡単に現状回復できるようにする方法【本気編】

誰でも片づけ上手になれる!簡単に現状回復できるようにする方法【本気編】


片づけたいのに、もうどうにもならない…という方へ。

それは、
あなたの片付けスキルが低いのではなく、
時間がないからでもなく、
「物が多いだけ」かもしれません。

本記事では、「圧倒的に物を減らして片付けを楽にする」方法をご紹介します。

どんなことをしてでも、自分は本当に片づけたいんだ!
それくらい本気な気持ちがある方だけ読んでくださいね。

Advertisement

強制的に誰でも片づけ上手になる方法

その答えはただ一つ。
「圧倒的に物を減らす」これだけです。

物が少なければ、現状回復も簡単。
1つ使って1つ戻す、という作業を数日やらなかったとしても、大惨事にはなりません。

今、片づけられない…という方は物にあふれた生活になってしまっていませんか?

あまり使っていないもの、もったいないから捨てられないものにスペースを使って、
本当に大事なものがどこにあるのかわからなくなっている…それはもったいないことです。

「物を減らすのが一番難しい…」

と思った方も、一生片づけに追われる生活を考えるとどうでしょうか。

物の整理を一度しっかりすれば、一生楽ちんでいられます。

そう考えれば、「圧倒的に物を減らす」という手段を選ぶのも1つの手だと思います。

物が多いだけで難易度が上がる

今この記事を読んでいただいているあなたは、片づけがうまくできない、場合によっては辛いと感じていることもあると思います。

でも、誤解しないでいただきたいのは、その原因はあなたが片づけが苦手だからでも、怠慢だからでもありません。

「物の量が許容範囲を超えている」だけです。

片づけのプロでも、多くのものに囲まれた空間は作業するのに膨大な時間と労力を費やします。
場合によっては、見ただけで目が疲れてしまうことも。

でも、

「この人の助けになりたい!」
「片づけに追われず楽になってほしい!」

そう思うから頑張れるんですけどね。

ですから、物にあふれた空間の片づけが難しいのは当たり前のこと。

いつも挫折してしまう…と思っていても、自分を責めないでくださいね。

物を減らすとココが楽になる

物を圧倒的に減らすことで、誰でも簡単に片づけることができます。
そして、多くのメリットがあります。

☑️ 物を減らすメリット

・探し物が減る、すぐに見つかる
・自分が持っているものが把握できる
・新たなスペースが生まれる
・見た目すっきり
・掃除しやすい
・洗濯や掃除の手間が減る
・ちょっと片付けをサボっても、わりとキレイ
・キレイな状態に戻すのがカンタン

いかがでしょうか。考えただけでも楽じゃないですか?
今は想像できないかもしれませんが、物を減らせば実現可能なことばかりです。

まずは“物が少なくなった生活”を体験してみよう

本気でやる!そう思っても、いざ動き出すと捨てられない…
そんな時には、一度“物が少なくなった生活”を体験してみることです。

でも、ちょっとやそっと減っただけでは、「物が少ないことで生まれる楽さ」を体験できません。

使うものは、「必要最低限にしぼる」というのがポイントです。

必要最低限の量にするには、
例えば下記のように利用頻度でしぼって選別してみましょう。

・服は1カ月以内に着たものだけにする
・靴も1カ月以内に履いたものだけにする
・食器類は毎日使うものだけにする

1カ月以内に使ったものでいうと、普通の人でも全体量の3分の1以下…
物が多いと、10分の1ほどになる方もいるのではないでしょうか?

選別して使わないものは、一時的に袋などに入れて別の場所におきましょう。
そうすることで、実際の生活に近い形で「物が少ない生活」を体験できます。

ただ、別の場所におくのが難しい場合は、
「物が少ない体験期間に使うもの」だけを、わかりやすく分けておくだけでも大丈夫です。

この段階では、選別しても捨てるわけではないので、必要と思えば後から戻せます。

1カ月程度、その生活を試してみて
物が少ない生活が便利だと思えれば、その量を目安にして物の整理をしましょう。

一度やってみると、

「意外とこれだけで生活できるかも」
「物の出し入れが楽になった」
「服に迷わなくなった」
「やっぱり、あれは必要だった」

など何らかの気づきも得られるはずです。

やって損なし、物の価値について見直すきっかけにもなると思いますよ。

物を分類する基準については、「【捨てられない】片づけのプロが意識している物を捨てる基準【整理が苦手】」の記事も参考になると思います。

物を減らすのは難しい…増やさない努力もしよう

一度増えてしまった物を後から整理するのは大変なこと。
今後は、新たに入ってくる物の水際対策も大切です。

例えば紙類。
自分が積極的に手に入れようと思わなくても、毎日チラシやダイレクトメールがポストに届きますよね。

お子さんがいれば、学校のプリントなどもあると思います。

それらは一度部屋の中に入れて、他のものに紛れてしまったが最後!
必要なもの、不要なものがわからない状態になりがちです。

新たに物を増やさないためには、下記の点に注意してください。

 チョイ置きをする前に、要不要を判断する
チラシなら、リビングに置く前に手に取った時点で中身を確認、不要ならすぐに捨てましょう。
また、必要なダイレクトメールだったとしても、封筒やチラシ部分は不要なことが多いですよね?
必要な箇所だけを取っておき、不要な部分は処分しましょう。

 買おうか迷ったものは、衝動的に買わず一晩考える
自分が本当に欲しい物なのかどうか、実は似たようなものが家にないか、一度踏みとどまる癖をつけましょう。
一晩経って忘れていたら買わずに済みますし、節約にもなります。

 タダに注意!無料ならもらおうかな?はやめよう
もらうことは簡単ですが、捨てる手間はその数倍大変です。片づける手間も増えます。
それらのデメリットを考えても欲しいのなら、もらいましょう。

これらのことに気をつければ、物を減らすことに加えて、増やさない仕組みも作れますよ。

まとめ


誰でも片づけ上手になる方法は圧倒的に物を減らすこと、増やさない努力が大切です。

また、一度増えてしまった場合には思い切って決断しましょう。

物を減らせば、片づけの頻度は減ります。
本気で片づけたいと思っている方は、試してみてください。

生まれた新たなスペース、時間を使って、日々の生活をより充実させたものにしていきたいですね。

この記事を書いた人

CTA-IMAGE MINIMAL+ROOM管理人

アメリカで広く知られている片づけのプロ資格、プロフェッショナルオーガナイザーの日本版「ライフオーガナイザー®︎1級」資格を持つ、片づけのプロ。

「片づけや家事で困っている人の暮らしを少しでも楽にする!」をライフワークとして、本サイトを運営中。

ズボラでめんどくさがり。時短を追求した結果、ミニマル思考になりました。