【お風呂掃除の時短のコツ】掃除が苦手な人、毎日忙しい人におすすめ!カビ予防の工夫

【お風呂掃除の時短のコツ】掃除が苦手な人、毎日忙しい人におすすめ!カビ予防の工夫

浴室はリラックスできる空間ですが、掃除はとても面倒な場所ですよね。

毎日使う水回りなので、水垢、ぬめり、赤カビ、黒カビ…

ちょっと放置しただけでゾッとする状態になってしまいます。

本記事では、掃除が苦手な人・毎日忙しい人でも簡単にできる
「お風呂掃除を時短するカビ予防の工夫」についてお話しします。

片づけのプロである筆者も、よく人におすすめしている方法ですよ。

Advertisement

お風呂掃除を時短するカビ予防の工夫

 お風呂グッズを床に置かない

 排水溝のフタは使わない

 湯船のフタは使わない

ポイントは、上記の3点です。
順番に説明していきますね。

お風呂グッズを床に置かない


こんなイメージです。
お風呂の中で、カビが生えやすい場所の一つとして、床があります。

風呂桶や椅子も湿気がこもるとぬめりが出やすいので、乾燥させるため、通気性を良くしましょう。

S字フックなどで吊るしてもいいと思います。

筆者の家では、以前は椅子の下に赤カビが出やすかったのですが、このように置き場を変えたら出なくなりました。

 お風呂グッズを床に置かないメリット
・湿気がこもりづらい
・カビ予防になる

 お風呂グッズを宙に置くデメリット
・たまに落下する(S字フックに吊るす方法であれば大丈夫ですね)
・お風呂を上がった時の一手間が増える

排水溝のカバーは使わない


こちらは掃除中の写真になっていますが、こんなイメージで、カバーがない状態にします。

排水溝は、通常2つのカバーまたはフタがついていますよね?
写真には写っていませんが、「髪の毛を集める網のようなもの」と「排水溝全体を隠すカバー」の2つです。

「排水溝全体を隠すカバー」だけを外しておきましょう。

ご家族に小さな子供や年配の方がいて、段差が気になる場合には避けたほうがいいかもしれませんが、
こうすることで非常に便利になります!

排水溝が浴室の隅にある場合は、ほとんど気にならない上に髪の毛がサッと取れるようになりますよ。

 排水溝カバーを使わないメリット
・湿気がこもりづらい
・溜まった髪の毛がすぐに取れる(取り忘れない)
・フタ掃除の手間がなくなる

 排水溝カバーを使わないデメリット
・段差ができる
・大きい排水溝の場合、段差が広範囲になる
・排水溝のにおいがある場合は気になるかも(我が家では気になったことはありません)

湯船のフタは使わない


最後のポイントはこちら。
「湯船のフタ」をお風呂に置いておかない、ということです。

筆者の家にも備え付けのフタがあるのですが、一度も使ったことがありません。

普段はシャワーを使いますし、湯船を使ってもお湯をためておくことなく抜いてしまうため、用途がないんです。
そのため、お風呂ではなく、別の場所に置いています。

特に手入れせずとも、湿気がないためカビが生えることはまずありません。

湯船を使う家でも、実際はそれほど使わないのに置いたままにして、気づいたら黒カビ…ということになっていませんか?

もし、あまり使っていないのなら、思い切って処分するか、普段は浴室から出しておくとカビ予防になりますよ。
掃除の手間も減ります。

 湯船のフタを使わないメリット
・フタ掃除の手間がなくなる
・使わないのでカビが出ない
・元々買わなければ、節約になる

 湯船のフタを使わないデメリット
・お湯が冷めるのが早まる
・湯船にお湯がある場合、浴室全体に湿気が広がる

Advertisement

カビ予防に大切なこと

これまでに話してきた通り、カビ予防は乾燥させることが大切です。

お風呂を上がった後は、換気して空間を乾燥させておくと、後々の掃除が楽になりますよ。

また、家族がいる場合、お風呂に入る時間をできるだけ合わせられるといいですね。
夜に入る人、朝に入る人、夕方に入る人…と分かれていたら、お風呂全体が乾燥する時間がありません。

家庭の状況によっては難しいと思いますが、できるだけ意識してみてください。

掃除が苦手な人、忙しい人は掃除する場所を減らそう

・お風呂グッズを床に置かない
・排水溝のカバーは使わない
・湯船のフタは使わない

ことで、「掃除」は減らすことができます

筆者のように掃除があまり好きではない方、めんどくさがりな方は、試してみてくださいね!

お風呂の掃除方法に関しては、こんな工夫もしています。

この記事を書いた人

CTA-IMAGE MINIMAL+ROOM管理人

アメリカで広く知られている片づけのプロ資格、プロフェッショナルオーガナイザーの日本版「ライフオーガナイザー®︎1級」資格を持つ、片づけのプロ。

「片づけや家事で困っている人の暮らしを少しでも楽にする!」をライフワークとして、本サイトを運営中。

ズボラでめんどくさがり。時短を追求した結果、ミニマル思考になりました。