【片づけ迷子】目的がわからなくなったあなたへ。“心地よい空間”の定義はコレ!

【片づけ迷子】目的がわからなくなったあなたへ。“心地よい空間”の定義はコレ!

夕日
時間を使って、大変な思いで片づけをして、一体何を目指すのか。

もはや目的がわからない…つらい…

そんな片づけ迷子になってしまった方のために、「心地よい空間」の定義について考えてみました。

Advertisement

片づけのプロが考える“心地よい空間” の定義

チェック 心のゆとり、余裕がもてる
チェック 自分の時間がふえる
チェック 好きに囲まれている
チェック 安心できる
チェック リラックスできる

これらがすべて網羅された状態が、心地よい空間だと思います。
言い換えると、家にいても悪い意味で気になるものがない・ある意味無でいられる状態とも言えますね。

片づけて何を目指すの? 目的は?

片づけをする目的は、あなたにとっての心地よい空間を作るためです。

チェック あなたが好きなものは何?
チェック そのために最適な部屋になっている?
チェック あなたの時間を無駄にしていない?
チェック あなたがいちばん便利な形になっている?

片づけ迷子になったときは、自分の本当に好きなことや大切にしたいことを考えてみてください。
その時、あの人がこうだから…家族がこうだから…ではなく、あくまで自分主体でいることで目的を見失わずに済みますよ。

どうすれば実現できる?

心地よい空間を実現するためには、とにかく行動あるのみです。
考えることも大切ですが、試しに少しでもやり始めることで、達成感が生まれたり、新たな発見ができたりします。

迷いながらでも、動き続けることはとても大切だと思います。

まとめ

片づけ迷子になったときは、自分の本当に好きなことや大切にしたいことを思い出してみましょう。

この記事を読んだすべての人が、安心できる、大好きなもので囲まれた空間で過ごせることを祈っています。

この記事を書いた人

CTA-IMAGE MINIMAL+ROOM管理人

アメリカで広く知られている片づけのプロ資格、プロフェッショナルオーガナイザーの日本版「ライフオーガナイザー®︎1級」資格を持つ、片づけのプロ。

「片づけや家事で困っている人の暮らしを少しでも楽にする!」をライフワークとして、本サイトを運営中。

ズボラでめんどくさがり。時短を追求した結果、ミニマル思考になりました。