【どうしても捨てられない】物置やクローゼットの奥で“眠っている物”の手放し方

【どうしても捨てられない】物置やクローゼットの奥で“眠っている物”の手放し方


どんな家でも必ずある、収納の奥深くに眠っているもの。

普段は忘れていても、引越しや大掃除のときに久しぶりに見つけると、つい手が止まってしまいますよね。

そんな眠っているものが、どうしても捨てられない人へ。

物が捨てられない理由はなぜか?

物の要不要を判断し、手放すためのステップをお話ししますね。

Advertisement

使っていないのに、物が捨てられないのはなぜ?

使っていない物が捨てられないとき、考えられる理由は2つあります。

何を持っているか把握できていない

ダンボールなどに入れてしまいこんだまま、ブラックボックス化してしまっている場合です。

何となくあれが入っているかな?とは思っていても、何年も見ていないと要不要がわからなくなりがち。

そのため、思い切って手放すことも使うこともできないのです。

まずは、持っている物を把握することが大切です。

もったいなくて捨てられない

こちらも大きな要因になっている人が多いと思います。

でも、物が捨てられない…と悩むあなたは、感性が豊かで、何事にも愛着や愛情が強い人。

決して悪いことではないので、安心してください。

物への愛着と向き合いつつ、どうすれば気持ちよく手放すことができるのか?

ここからは、「手放すためのステップ」を、順を追って説明していきます。

眠っているものを手放すためのステップ

1:眠っているものの全体像を把握する

まずは、物を3つに分類していきましょう。

 使う予定がある

 使う予定がないーいらない

 使う予定がないー捨てたくない

長くしまっていたものであれば、ほとんどが使う予定がないものに分類されると思います。

迷うものは、「捨てたくないもの」で大丈夫です。

2:さらに細かく分類する

次は、「使う予定がないー捨てたくないもの」を分類していきます。

使う予定があるものは、手放しません。

使う予定がなく、いらないものも先に袋に入れて別の場所に移動させてしまいましょう。

捨てたくないものの分類方法

一つ一つの物を持ったときの気持ちに正直に、分類してください。

人それぞれの感じ方はちがうと思いますが、おそらく下記のようなパターンが多いのではと思います。

 捨てたくないものに対する気持ちの例

・自分にとって大切な思い出の品だ

・先祖代々受け継いだ大切な品だ

・もったいなくて捨てられない
買ったときに高かった、まだキレイで使える等。

・申し訳なくて捨てられない
人からもらった物で、手放せない等。

なぜ気持ちを考えるのかというと、ものを手放す判断をする時には、気持ちが一番大事だからです。

ここをないがしろにして無理に処分すれば、あとあと後悔するかもしれません。

言い換えれば、どうしても捨てられない…という人は、気持ちに向き合わずに

「何とかしなきゃ…でも捨てたくない」

というループにはまってしまっているのではないでしょうか?

ものに対する自分の気持ちを受け入れる癖がつくと、手放すことや取っておくことの判断がしやすくなりますよ。

3:手放すものを決めて、自分の気持ちを納得させる

細かな分類が終わったら、手放すものを決めて、自分の気持ちを納得させるステップに入ります。

先ほど例にあげた4つの感情に沿って、説明していきます。

 捨てたくないものに対する気持ちの例

・自分にとって大切な思い出の品だ

・先祖代々受け継いだ大切な品だ

・もったいなくて捨てられない

・申し訳なくて捨てられない

 自分にとって大切な思い出の品だ

無理に手放す必要はありません。

ただ、保管するスペースの関係で手放すことも考えたい場合は、その中でも特に大事なものを抜粋するか、写真を撮るなどして記憶に残す形を模索しましょう。

 先祖代々受け継いだ大切な品だ

こちらも無理に手放す必要はありません。

 もったいなくて捨てられない

買ったときに高かったけど、あまり使ってなくてキレイ。

まだまだ使えるけど、好みに合っていない。

などの場合ですね。

これまでの2つと違って「大切なもの」というよりは「もったいない」という気持ちが強いもの。

これは、手放す方向で考えるべきものです。

かといって、捨てる一択ではありません。
手放すにもいくつか方法があるので、参考にしてみてくださいね。

・譲る
友人・知人にあげる、施設や海外に寄付、アプリで譲る

・売る
リサイクルショップへ持ち込み、宅配引取、フリマアプリで販売

・捨てる

それでも、もったいない!と思う人もいると思います。

手放す方法にどれもしっくり来なければ、自分で使いましょう。

物にとっては、持ち主に使ってもらえることが本望だと思っています。

役目を全うすることなく手放されるのは、きっと悲しいこと。

ですから、使ったあとに

「ありがとう」
「お疲れ様」

という気持ちで手放すことが1番いいと思います。

 申し訳なくて捨てられない

人からもらったけど趣味に合わなかった場合など、こちらもよくあることだと思います。

でも、ここに分類されたものも「自分にとって大切なもの」ではなく、「人からもらったから」捨てられないもの。

自分で使った後は手放す方向で考えていいものです。

義理がないように感じられるかもしれませんが、あなたが物をあげた立場だったとして考えてみてください。

使わずに何年もクローゼットの奥に眠っているのと、しっかり使って役目を終えて手放されたのなら、どちらが嬉しいでしょうか?

日常的に使えないものだったなら、使えるように用途を変えてもいいと思います。

趣味が合わないものだったのなら、何度か使ったあとは必要な人に譲ってもいいでしょう。

眠っている状態ではなく、物が役目を全うできる状態を考えてあげると手放すのにも罪悪感がなくなりますよ。

Advertisement

まとめ

使ってないけど保管しているものを手放したい!と思ったら、
まずは、ブラックボックス化している物の全体像を把握しましょう。

その上で、自分の気持ちと向き合いながら行き先を決めて、役目を全うさせてあげましょう。

手放すのは悲しいけれど、物は使われてこそ本望!
誰にも一度も向き合ってもらえず、使ってもらえず、忘れ去られている状態こそ1番悲しいことです。

また、手に入れること・もらうことは簡単ですが、手放すのには大きな労力が必要になります。

日頃から物を増やさないように心がけ、大切なものだけに囲まれた空間にしたいですね。

この記事を書いた人

CTA-IMAGE MINIMAL+ROOM管理人

アメリカで広く知られている片づけのプロ資格、プロフェッショナルオーガナイザーの日本版「ライフオーガナイザー®︎1級」資格を持つ、片づけのプロ。

「片づけや家事で困っている人の暮らしを少しでも楽にする!」をライフワークとして、本サイトを運営中。

ズボラでめんどくさがり。時短を追求した結果、ミニマル思考になりました。