【洗濯物が30分で乾く】コインランドリー活用のススメ!忙しい人の家事時短術【ふわふわも実現】

【洗濯物が30分で乾く】コインランドリー活用のススメ!忙しい人の家事時短術【ふわふわも実現】

コインランドリーを使ってみたいけど、お金もかかるしどこが便利なの?

使い方がわからない!

コインランドリーを月2回ほど利用している筆者が、そんな疑問にお答えします。

Advertisement

コインランドリーってどんなところ?

洗濯物を持ち込み、お金を入れると洗濯・乾燥ができるセルフサービスのお店です。

・洗濯機

・乾燥機

・洗濯乾燥機

が使えます。

場所によっては、靴用洗濯機・乾燥機があるお店もありますね。

法人営業のチェーン店もあれば、自宅のスペースの一部を利用して、個人で営業されているところ、銭湯併設も多いです。

コインランドリーはどの辺が便利?家庭用とどう違う?

私は以前、実家に住んでいるときは使ったことがなかったのですが、
一人暮らしをするようになって便利さがわかりました。

現在の利用頻度は月2回程度で、家で洗った洗濯物をコインランドリーで乾燥させています。

これまで、5店舗ほどのコインランドリーを利用したことがあるので、
実際に利用してみて便利だった点をご紹介させていただきますね。

実際に利用して便利だった点

 家庭用よりも大容量の洗濯、乾燥が可能

筆者の家の洗濯機は5kg用ですが、コインランドリーは9kg、14kgなどサイズが大きいです。

 早く乾く

家で洗った2回分の洗濯物が、30分で乾きます。

 仕上がりがふわふわで、シワになりづらい

家で干すと硬くなってしまうタオルが、ふわふわな仕上がりになります。
Tシャツ類もシワを伸ばさなくてもキレイな仕上がりです。

 雨の日、冬の寒い日に便利

天気の悪い日に家の中に干しておくと、なかなか乾かないうえに場所をとって大変ですが、
天気や時間を気にせず洗濯することができます。

 洗濯後の干す手間、取り込む手間がない

洗濯バサミで干していく作業、量が多いと結構大変ですよね。
でも、コインランドリーなら洗った後にバッグに詰め込んで持っていくだけ。取り込む必要もありません。

 外干しよりも柔軟剤の香りが残る

長時間外干しすると、屋外の匂いがついてしまったり、いい香りが飛んでしまうことがありますよね。
でも、コインランドリーであれば短時間で一気に乾かすので、いい香りが飛びません。

 コインランドリーは意外と営業時間が長い

店舗にもよると思いますが、筆者の近所のコインランドリーは夜2じまで空いています。
仕事が遅くなった時にも、乾燥機をかけに行けるのでとても重宝しています。

いかがでしょうか。
持ち込み、回収の手間はあるものの、便利な点はとても多いです。

Advertisement

コインランドリーのよくある疑問

汚くない?

筆者がこれまで利用した5店舗は、どこも清潔でした。
個人経営・チェーン店も含めて、使っていて不快に感じたことやニオイが気になったことはありません。

洗濯物は誰もが清潔でありたいもの。

コインランドリーも商売ですから、少しでも不衛生であれば、お客さんが来なくなってしまいますよね。

経営されている方は、気をつけていると思いますよ。

どんな人が利用してるの?

筆者が利用している店舗には、様々な方が来ています。

地域や時間帯にもよると思いますが、20〜30代の若い人が意外と多い印象です。

昔ながらの個人経営のお店では、馴染みの年配の方も多く見かけます。

広い店舗では、椅子やテーブルが置いてあるところも多いので、
洗濯をしている間に中で本を読んだり、音楽を聴いたり、携帯をいじったり…
思い思いに過ごしています。

筆者は、家のそばなので一度帰って終わる頃に取りに来ています。

値段相場は?

店舗にもよると思いますが、このくらいの料金設定のところが多いようです。

洗濯(9〜17kg):1回30〜50分 300〜900円

乾燥(9〜25kg):6〜10分で100円

洗濯乾燥(14〜25kg):1回50分〜90分 800〜1000円

筆者はいつも、洗濯機2回分の洗濯物を30分300円で乾燥させています。

毛布の洗濯乾燥は、所要時間60分ほどで1000円でした。

乾燥時間はどのくらい?

量にもよりますが、20〜30分目安でいいと思います。

ハイパワーのガス乾燥機なので、思った以上に早く乾きます。

終わった後に足りなければ、100円追加して延長することもできますよ。

洗濯物の量はどのくらい入れられる?

7〜25kg程度が多いようです。

家庭用洗濯機が5〜10kg程度が多いので、かなり大容量です!

コインランドリーを使うときには

洗ってもよいもの

設備によリますが、家庭用の洗濯機で洗えるものは基本的にOKです。

その他、毛布などの大物、靴の洗濯機が用意されている店舗もあります。

洗わない方がいいもの

・普段洗濯機で洗わない素材

・クリーニングに出す素材

・ウール、レース素材

傷んでしまったり、縮んでしまったりする恐れがあるので、洗濯・乾燥ともにやめておいた方が無難です。

また、乾燥機はとても高温になります。

デニム・女性の下着・ウールなどは、普段洗濯機を使っていたとしても、場合により縮む恐れがあるので注意してください。

行く前に注意したほうがいいこと

・営業日、営業時間の確認

・現金しか使えません。小銭を用意しましょう

・洗えない素材は自己責任なので注意しましょう

また、すべての店舗が対応されているわけではありませんが、
最寄りの店舗の洗濯機の利用状況を確認できるサイトもあります。

時間までわかるので、便利ですね。


参考:LAUNDRICH コインランドリー総合サイト

コインランドリーの探し方

近くにある店舗を探すには、「コインランドリー 地名」でネット検索してみましょう。

意外とご自宅のそばにもあるかもしれませんよ。

ちなみに、筆者の家は都内ですが、歩ける距離に4件あります。

需要が高いんでしょうね。スゴイ!

忙しい人は、コインランドリーで時短しよう

コインランドリーは、お金はかかりますが家事の時短につながる便利なサービスです。

1回300円程度の出費を大きいと思うか、小さいと思うかは人それぞれだと思います。

ただ、考えてみれば500mlのペットボトル2本分。

筆者は、これからも必要に応じて利用していきたいと思っています!

この記事を書いた人

CTA-IMAGE MINIMAL+ROOM管理人

アメリカで広く知られている片づけのプロ資格、プロフェッショナルオーガナイザーの日本版「ライフオーガナイザー®︎1級」資格を持つ、片づけのプロ。

「片づけや家事で困っている人の暮らしを少しでも楽にする!」をライフワークとして、本サイトを運営中。

ズボラでめんどくさがり。時短を追求した結果、ミニマル思考になりました。